アスタリフトに含まれるアスタキサンチンの効果とは?他の商品と徹底比較!

富士フイルムが独自の技術から開発した「アスタリフト」

今では有名となりましたが、きっかけの一つに美容効果の高いとされる「アスタキサンチン」が挙げられますね。

天然の赤い美容成分と言われており、化粧品に使われているとついつい目に留まってしまうでしょう。

そんなアスタリフトのアスタキサンチンはどんな効果があるのでしょうか。

また、他のアスタキサンチンを含む化粧品とどう違うのか、気になるところです。

今回は「アスタキサンチン」に着目し、効果や比較についてご紹介致します!

 

●アスタリフトのアスタキサンチンの効果

アスタキサンチンとは、カロテノイドと呼ばれる天然色素の一種です。

カロテノイドは種類がものすごく多く、知られているだけでも600種類以上もあるのです!

カロテノイドは代表的なものとして緑黄色野菜に含まれるため、色は「赤・黄色・オレンジ色」が多いとされています。

私たちが知る「アスタキサンチン」は、アスタリフトなどの化粧品の「赤」というイメージが強いですよね。

これは、鮭やいくら、赤い海藻類から抽出されているためと言えます。

アスタキサンチンは強い抗酸化作用があり、老化や病気に効果的なアンチエイジングには最適の成分なのです。

アスタキサンチンは美容効果もありますが、健康効果が強いとされています。

・疲労回復・不眠症改善・筋力向上・血流促進・肌の老化防止作用

どれも、体に嬉しい効果ばかりでアスタリフトがアスタキサンチンに着目したのは最大のヒット理由と言えましょう!

アスタキサンチンは美容効果の高いポリフェノールの1種とも言われており、体の上半身に特に効能があります。

先ほどご紹介した効果を見ていただくとわかりますが、どれも脳や肌など体の首から上が多いと思います。

ですから、アスタキサンチンは肌トラブルに悩む方のための化粧品にとても向いているのでしょう。

 

●アスタキサンチンの比較

美容効果が高いとされるアスタキサンチンは、必然的に化粧品に多く使用されています。

アスタキサンチンを使用しているメーカーは、コーセー・DHC・富士フイルムが挙げられますが、アスタキサンチンに関するスキンケア関連の特許はコーセーと富士フイルムがほとんど独占取得している状態です。

コーセーでは「アスタブラン」としてアスタキサンチン配合の化粧品を販売しており、活性酸素を除去する働きがあると言われています。

さらに、「ビタミンC誘導体」も配合されており美白効果もあるとされていますね。

一方の富士フイルムの「アスタリフト」は、富士フイルム独自の技術であるナノ化がされているため、浸透力と安定性に優れています。

アスタリフトはここに、「リコピン」が配合されており、抗酸化作用のWアタックと言えましょう。

リコピンにはメラニン色素の生成を抑制する働きもあり、美白効果にも期待できるとされています。

どちらもアスタキサンチンを中心に「エイジング効果」「美白効果」に特化した化粧品ですね。

 

●アスタリフトとアスタブランどっちが良い?

アスタリフトもアスタブランもほとんど効果は同じと言えます。

アットコスメの口コミも、「アスタリフト5.1」「アスタブラン4.9」とそこまでの大差もないでしょう。

保湿効果の高さは「アスタリフト」の方が良いと言われており、潤いを重視するのであればアスタリフトがオススメです。

また、アスタリフトの方が無添加なものが多いので、敏感肌や乾燥肌、安全性に気を使いたい方にはアスタリフトが良いでしょう。

「アスタブラン」は美白効果がアスタリフトよりも高いと言われていますが、アスタリフトの中にも美白に特化した「アスタリフトホワイト」があるため、どちらが良いと言い切るのは難しいですね。

ご自身が何を一番重視したいのか考えて、トライアルセットなどの最安値のものから試してみると良いです。

最後に言えることは、今美肌に効果が高い成分は「アスタキサンチン」と言えるため、配合される成分をしっかりと確認しアスタキサンチンがどれくらい配合されて、保湿成分にはどんな成分が配合されているのか見てからの購入をオススメ致します。

自分に合う化粧品を見つけて、毎日綺麗になっていく姿に自信を持っていって下さることを応援しております!