ホワイトニング化粧品の成分って?

かつて日焼けした肌がもてはやされる時期があったようですが、ここ最近はずっと美白ブームが続いている気がします。

小麦色にやけた肌はその時だけは健康的に見えても、何年か後にはシミやシワを引き起こす可能性大!

「できるだけ日焼けしない」というのが、美しさを目指す女性の常識ですよね。

では、できてしまったシミやソバカスをケアするにはどうしたらいいでしょうか?

ホワイトニング効果が高い、と言われている成分について調べてみました。

(メラニンを薄くするもの)

・ビタミンC誘導体

こわれやすいビタミンCを安定化させた成分です。

美白成分としては有効ですが、刺激があるので乾燥肌や敏感肌の人は注意が必要。

保湿成分配合のものを選ぶか、きちんと他のアイテムでうるおいを補給するようにしましょう。

・ハイドロキノン

美白効果の高さで有名な成分で、かつては皮膚科でしか手に入れられないものでした。

今はあまり濃くないものであれば、化粧品に配合することができます。

効果は高いですが刺激が強く、乾燥肌や敏感肌の人が使う際にはパッチテストをしてからの方がよいでしょう。

(メラニン生成を妨げるもの)

・アルブチン

植物性の物質。

肌に入るとハイドロキノンに変化しますが、肌に対する刺激はほとんどありません。

・トラネキサム酸

消炎作用があるので、肌荒れを改善させる効果があります。

肝斑にも効果があるので、シミと肝斑両方気になる方にはオススメです。

・プラセンタエキス

動物やヒトの胎盤から作られる成分です。

アンチエイジング目的以外にも、肝臓の働きをよくしたり抵抗力を強めたりするので病院でも処方されます。

美白だけではなく、血のめぐりをよくするような効果があります。

この中に、皆さんがお使いの化粧品に入っている成分はありましたか?

美白成分には、すでにあるメラニンを薄くするものと新しくメラニンを作らせないものの二種類がありますので、自分の肌の状態に合わせて選ぶといいですね。

皮膚が弱い人がハイドロキノンを使うとトラブルが出ることがあります。

アルブチンやプラセンタなどやさしいものを選ぶようにしましょう。

アスタリフトホワイトの美白成分は、肌にやさしい

それ以外の美白成分というのも、たくさんあります。

富士フィルムでは、うるおいスキンケアで有名なアスタリフトを発売していますが、美白ラインのアスタリフトホワイトも女性に大人気。

アスタリフトホワイトが使用している美白成分は、肌にやさしいアルブチンです。

その他に、肌荒れに有効なグリチルリチン酸ジカリウム、うるおい成分にはナノAMA、アスタキサンチン、コラーゲン、海藻エキス配合なので、肌荒れや乾燥の心配はありません。

「あまり強い成分で刺激があるのもイヤだけど、効果がないのもイヤ!」

そう思っているあなた、アスタリフトホワイトには富士フィルム独自のテクノロジーが駆使されているので、美白効果が表れやすいんです。

ネットの口コミでも、アスタリフトホワイトの製品は高い評価を受けています。

敏感肌や乾燥肌でも、安心して使える美白化粧品。それが、アスタリフトホワイトです。

トライアルセットもあるので、ぜひ効果を試してみてくださいね!